無知覚性疼痛症(読み)むちかくせいとうつうしょう(英語表記)anaesthesia dolorosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無知覚性疼痛症
むちかくせいとうつうしょう
anaesthesia dolorosa

有痛性感覚脱失。たとえば,感覚神経が切断された場合,その末梢領域から感覚が起ることはないが,切断端の病変がその感覚神経の中枢端を同時に刺激しているような場合には,その部分と中枢の間の伝達路が障害を受けないかぎり,疼痛として知覚される。しかもその疼痛は,知覚刺激の末梢投影の原則によって,刺激された神経路が始る末梢領域の痛みとして感じられる。このような現象をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android