無言の行(読み)ムゴンノギョウ

  • の 行(ぎょう)
  • むごん
  • むごんのぎょう〔ギヤウ〕
  • 無言

デジタル大辞泉の解説

無言を保つことによって精神を整える修行。転じて、押し黙っていること。「何を聞いても無言の行だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

無言で行う修行。転じて、ものを言わず黙り込んでいること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

仏語。無言を保って行なう修行。また、転じて、口をきかずに黙っていること。無言行。
※新後撰(1303)雑上・一二七六・詞書「無言の行し侍ける比、郭公を聞て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android