コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然もそうず サモソウズ

デジタル大辞泉の解説

然(さ)もそうず

《「さもさうらはず」の音変化》いや、そうではない。とんでもない。
「―。入道殿こそ過分の事をばのたまへ」〈平家・二〉
《「さもさうらはんず」または「さもさうらはんとす」の音変化》それもそうであろう。いかにもそのとおりであろう。
「―さもあらん、此の度は仕損ずとも」〈浄・出世景清

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さもそうず【然もそうず】

〔「さも候はず」の転〕 いや、そうではない。とんでもない。 「直実なおざねにおしならべてくめやくめ、といひけれども、-とてひかへす/平家 9
〔「さも候はうず」の転。「うず」は推量の助動詞〕 そうだろう。そのとおりだ。 「おお-さもあらん/浄瑠璃・出世景清」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然もそうずの関連キーワード此の度然も