発言(読み)はつげん

精選版 日本国語大辞典「発言」の解説

はつ‐げん【発言】

〙 ことばを出すこと。言い出すこと。口頭で意見を述べること。また、そのことば。ほつごん。はつごん。
※東寺百合文書‐は・暦応四年(1341)七月・若狭太良荘住人時真越訴状并具書案「可返賜当名於時真之由、連々発言之段」
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「此総会に向ひ公等の意見を発言し」 〔経‐小雅・小旻〕

ほつ‐ごん【発言】

〘名〙 (「ほつ」「ごん」はそれぞれ「発」「言」の呉音) =はつげん(発言)法華義疏(7C前)〕
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「私しの発言(ホツゴン)を御賛成にて」

はつ‐ごん【発言】

〘名〙 (「ごん」は「言」の呉音) =はつげん(発言)〔書言字考節用集(1717)〕
※滑稽本・世風呂(1809‐13)二「あなたヱ、と発言(ハツゴン)して用事をのぶるなり」

はち‐げん【発言】

〘名〙 自慢げに誇大なことを言うこと。また、そのことば。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発言」の解説

はち‐げん【発言】

はつげん」の音変化。
「此の町へ足をも踏ん込むまいと―を放し」〈浮・禁短気・四〉

はつ‐ごん【発言】

[名](スル)はつげん(発言)」に同じ。
「―自由」〈蘆花思出の記

ほつ‐ごん【発言】

はつげん(発言)」に同じ。
「只今―いたすでござる」〈上野初花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「発言」の解説

【発言】はつげん

意見をいう。〔詩、小雅、小旻〕詩 發言、(み)つるも 誰(たれ)か敢て其の)を執らん

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android