然有べし(読み)さるべし

精選版 日本国語大辞典の解説

さる【然有】 べし

(「さるべき」の形で連体詞的に用いることが多い)
① 適当である。ちょうどよい。相応である。
※大和(947‐957頃)五八「まだいと若くなむある。いまさるべからむ折にをといひければ」
※宇治拾遺(1221頃)九「さらば、まかりて、さるべきさまにて参らん」
② そうなるのが当然である。そうあるはずである。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「いかではつかに見むと思へど、さるべき折もなし」
③ そうなる因縁である。そうなる運命である。
※源氏(1001‐14頃)賢木「めざましげに、もてなされにしかば、安からず思ひ給へしかど、さるべきにこそはとて、世に、けがれたりともおぼし捨つまじきを頼みにて」
④ 立派である。相当である。れっきとしている。
※枕(10C終)九五「受領などの家に、さるべき所の下部(しもべ)などの来て」
⑤ しかじかである。
※蜻蛉(974頃)上「たのみつる人の、かうのみなど、思ひみだるれば、しばしばとぶらふ。さるべきやうありて、雲林院に候し人なり」

さる‐べし【然有べし】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android