コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲林院(読み)ウジイ

デジタル大辞泉の解説

うじい〔ウジヰ〕【雲林院】

うりんいん(雲林院)

うりん‐いん〔‐ヰン〕【雲林院】

京都市北区紫野にあった天台宗の寺。はじめ、淳和(じゅんな)天皇離宮紫野院と称したが、のち、元慶寺別院となった。その後、臨済宗大徳寺に属したが、廃寺。うんりんいん。うじい。

うんりんいん〔ウンリンヰン〕【雲林院】

謡曲。三番目四番目物金春(こんぱる)以外の各流。伊勢物語を愛読する芦屋公光(きんみつ)が霊夢によって雲林院に行くと、在原業平の霊に会う。
うりんいん(雲林院)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うりんいん【雲林院】

かつて京都大徳寺の南にあった大寺。もとは淳和天皇の離宮紫野院。869年(貞観11),遍昭僧正が寺に改め,平安・鎌倉時代に天台の官寺として栄えた。そのころ当寺は菩提講と花の名所で有名で,《今昔物語集》《大鏡》の題材となり,また《古今集》以下の歌集で歌の名所となった。在原業平が《伊勢物語》の筋を夢で語る謡曲《雲林院(うんりんいん)》の舞台にもなったが,やがて当寺は応仁の乱で廃絶した。【藤井 学】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うじい【雲林院】

うりんいん【雲林院】

京都市紫野大徳寺の南にあった寺。淳和じゆんな天皇の離宮として建立され紫野院と称した。僧正遍昭が奏して天台宗元慶寺がんぎようじ別院となり、菩提講が行われた。後醍醐天皇のとき大徳寺に属して臨済宗に改まった。その後荒廃し、現在は観音堂のみ残す。うじい。うんりんいん。⦅歌枕⦆ → 雲の林

うんりんいん【雲林院】

うりんいん(雲林院)」に同じ。
能の一。四番目物。古曲を世阿弥が改作。在原業平の霊が現れ「伊勢物語」の秘事を語り、夜遊の舞楽を舞う。うりんいん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雲林院の言及

【紫野】より

…船岡山の西,往古葬送地として知られた蓮台野も紫野の一部であった。大徳寺の地にあった雲林(うりん)院は,はじめ淳和天皇の離宮として創建され,紫野院と称された。【奥村 恒哉】。…

※「雲林院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲林院の関連情報