コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼塩屋権兵衛 やきしおや ごんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

焼塩屋権兵衛 やきしおや-ごんべえ

?-? 織豊-江戸時代前期の土器(かわらけ)師。
はじめ瓦工で,文禄(ぶんろく)2年(1593)伏見城御用となる。慶長のころ深草山の瓦町(かわらまち)にうつり,焼き塩,土細工をあきなった。2代目から朝廷,公家(くげ)の儀式用土器細工の調達をした。製品は伏見焼ともよばれる。播磨(はりま)(兵庫県)出身。姓は奥田(平田)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android