コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙管ボイラ えんかんボイラsmoke tube boiler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

煙管ボイラ
えんかんボイラ
smoke tube boiler

ボイラ胴体を前後に貫いて燃焼ガスの通路となる多数の煙管を設けて,その外部にある水を加熱する構造のボイラ。機関車用,舶用 (たとえばスコッチボイラ) ,陸上据付け用などの種類がある。この形式の発展したものに炉筒煙管組合せボイラがある。これは円筒形のボイラ胴体の中に炉筒と煙管の双方を設けた内焚き式で,大きさの割合に伝熱面積および蒸発量が大きく,沸きも速い。また効率もよく 85%をこすものもできており,圧力 15気圧以下の工場用,暖房用として広く用いられている。組立てたまま使用場所へ運び,配管や配線をするだけで運転が可能なパッケージ形式のものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

煙管ボイラの関連キーワード水管ボイラー煙管・烟管ロケット号丸ボイラーボイラー丸ボイラセガン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android