コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照喜名朝一 てるきな ちょういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照喜名朝一 てるきな-ちょういち

1932- 昭和後期-平成時代の実業家,三線(さんしん)(三味線)演奏家。
昭和7年4月15日生まれ。昭和27年ノースウエスト航空にはいる。47年那覇エアポートサービスを設立,50年エアー沖縄と合併し取締役に就任。かたわら国内外で三線の演奏活動をつづける。54年芸術祭優秀賞。平成6年安冨祖流(あふそりゅう)絃声会会長。12年人間国宝。沖縄県出身。知念中学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

照喜名朝一の関連キーワード[各個指定]芸能部門三味線演奏家実業家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

照喜名朝一の関連情報