煮込(読み)にこむ

精選版 日本国語大辞典「煮込」の解説

に‐こ・む【煮込】

〘他マ五(四)〙
① 種々の材料を混ぜていっしょに煮る。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
② 長い時間煮る。よく煮る。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二九「臓腑肝、膀胱は舌筋等を〈略〉片臠となして田楽のごとく貫串し醤油に味噌を混じたる汁にて煮込みし者なり」

に‐こみ【煮込】

〘名〙 (「にごみ」とも) 材料が浸るくらいの煮汁で長時間弱火で煮ること。いとこ煮、野菜の煮込み、おでんシチューなど。〔大坂繁花風土記(1814)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android