いとこ煮(読み)いとこに

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

いとこ煮
いとこに

福島、新潟、山形、香川などの各県にみられる郷土料理。アズキとともに野菜などを煮たもの。その起源は古く、1643年(寛永20)版の『料理物語』のなかに、「あずき、ごぼう、いも、だいこん、豆腐、焼栗(やきぐり)、くわいなどを入れ、中みそにてよし、かようにおいおいに入れ申すによりいとこ煮か」と解説されている。煮るのに時間が多くかかるものから入れていくが、『料理物語』にあるように、おいおい(甥々)に入れるので従兄弟(いとこ)煮であるという説と、年中行事の際つくられるお事煮がなまっていとこ煮となったという説もある。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

いとこ煮

東北、北陸、四国などの一部地域など、全国に広く伝わる郷土料理。大根・人参・里芋などの野菜、コンニャク、油揚げなどを入れた煮物に小豆を加えたもの。浄土真宗においては報恩講の仏事の際に供される報恩講料理のひとつで、小豆が入るのは親鸞上人の好物であったためと言われる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いとこ煮の関連情報