熊襲魁帥(読み)くまそたける

世界大百科事典 第2版の解説

くまそたける【熊襲魁帥】

記紀の景行天皇条に出てくる王化にしたがわぬ西方の土豪。《古事記》では熊曾建と記す。《日本書紀》には〈熊襲の八十梟帥(やそたける)〉およびそれとは別の〈川上梟帥(かわかみたける)〉が見られるが,《古事記》は〈熊曾建兄弟二人〉とする。後者は前者を説話的に典型化したものである。《古事記》によれば父の景行天皇より熊曾建の討伐を命じられた小碓(おうす)命は童女に変装して宴の席の建兄弟に近づき,つぎつぎに2人を殺したが,弟を刺したときその勇猛さを讃えられて〈倭建(やまとたける)〉の名を献じられ,爾後小碓はその名を名乗るようになったという(日本武(やまとたける)尊)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android