コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊襲 くまそ

7件 の用語解説(熊襲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊襲
くまそ

「記紀」の伝承で,九州中南部に住み,長く大和朝廷に服属しなかった種族。「風土記」では,球磨噌唹 (クマソオ) と連称しており,「クマ」は肥後国球磨郡地方を,「ソオ」は大隅国噌唹郡地方をさし,熊襲はこれらの地方に勢力をふるった種族と考えられるが確かなことは不明。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くま‐そ【熊襲/熊曽】

上代の九州南部の地域名。
記紀などにみえる種族。九州南部に勢力を張り、勇猛で大和朝廷に反抗したが、景行天皇の皇子日本武尊(やまとたけるのみこと)に討たれたとされる。
[補説]「くま」は肥後の球磨(くま)地方、「そ」は大隅(おおすみ)の贈於(そお)地方の意という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

熊襲【くまそ】

古代九州西南部の地域とその地に住む人々の総称。《古事記》では〈熊曾の国〉とみえる。肥後(ひご)国球磨(くま)郡,大隅(おおすみ)国贈於(そお)郡の両地方に基づく名称であろう。
→関連項目大隅国肥後国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

熊襲

 南九州の地名とそこに住む人々を指します。熊本県人吉盆地鹿児島県国分平野を中心とした場所という説もあります。『日本書紀[にほんしょき]』や『古事記[こじき]』日本武尊やまとたけるのみこと]が平定したと書かれています。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くまそ【熊襲】

古代日本九州の西南部の地域とそこにすむ人々の総称。《古事記》の国生みの段に,〈熊曾の国は建日別と謂う〉と見える。九州の《風土記》には熊襲は〈球磨,贈於〉と併記されるから,肥後国球磨(くま)郡,大隅国贈於(そお)郡に基づく名称であろう。おそらく大和政権西南日本支配のセンターとされた〈熊県(あがた)〉と,〈曾県〉の間にはさまれた広大な地域に住み,いわゆる〈まつろわぬ〉人々を熊襲と呼んだものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くまそ【熊襲】

◇ 古代、南九州の地名。 〔「くま」は肥後国球磨くま地方、「そ」は大隅国曽於そお地方をさすと思われる〕
を根拠地とした古代の集団。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊襲
くまそ

古代の南部九州の地域名、あるいはその地域の居住者の族名。熊曽、球磨贈於などとも書く。『古事記』では熊曽と書き、大八島(洲)(おおやしま)国生成の条で筑紫(つくし)島(九州)を筑紫国、豊(とよ)国、肥(ひ)国、熊曽国など四つに区分しているところから、日向(ひゅうが)、大隅(おおすみ)、薩摩(さつま)の地域、すなわち現在のほぼ宮崎・鹿児島両県の地域をさしたものとみられる。また『日本書紀』では熊襲と書き、景行(けいこう)、仲哀(ちゅうあい)、神功(じんぐう)などの各紀に、討伐を受けた族名としてみえる。さらに西海道(九州)の各「風土記(ふどき)」などには球磨贈於などとも表記されている。
 この球磨贈於の表記からすると、クマソは肥後国球磨(くま)郡と大隅国贈於(そお)郡の地域をあわせた地名で、現在の熊本県南部の球磨郡・人吉(ひとよし)市、鹿児島県北東部の一帯にあたるとも考えられている。しかしながら、古代においては複数の地名をあわせて一つの地域名とする例がほかにはほとんどみられないことからすると、この考え方には疑問もある。クマソは、ヤマトタケル(日本武尊・倭建命)による討伐物語で知られているように、つねに反大和(やまと)政権的存在であったことからすると、南部九州の未服属集団の総称とみるのがよいであろう。また「ソ」がその語幹で、「クマ」は勇猛・逆賊の意の形容とするのが妥当ともいえる。『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』によると、女王卑弥呼(ひみこ)と対立した狗奴(くな)国があったことが知られるが、この狗奴国をクマソとする説もある。クマソは、応神(おうじん)朝以後には『古事記』『日本書紀』ともにその名がみえなくなることや、その後の履中(りちゅう)天皇の条などからは、同じ南部九州の居住民として隼人(はやと)が登場し、概して大和政権に服属的態度がみられることからすると、隼人はクマソの後身として理解することも可能である。[中村明蔵]
『中村明蔵著『熊襲と隼人』(1973・評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熊襲の言及

【熊襲魁帥】より

…《古事記》では熊曾建と記す。《日本書紀》には〈熊襲の八十梟帥(やそたける)〉およびそれとは別の〈川上梟帥(かわかみたける)〉が見られるが,《古事記》は〈熊曾建兄弟二人〉とする。後者は前者を説話的に典型化したものである。…

※「熊襲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熊襲の関連キーワード西南日本西部ソウルフードグリーンタフ地域井笠南九州南日本昔、そこに森があった山里寿男古代日本語

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊襲の関連情報