熊谷儀克(読み)くまがい よしかつ

  • 熊谷儀克 くまがい-よしかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代中期の画家。
若狭(わかさ)(福井県)の人。通称は元章。安永2年(1773)刊「解体約図」(杉田玄白著,中川淳庵(じゅんあん)校訂)の胸腹腔内臓図,全身骨節図,全身脈絡図をえがく。同書は「解体新書」の内容見本といわれ,書中に「若狭処士元章熊谷儀克画」としるされている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android