熱電半導体素子(読み)ねつでんはんどうたいそし

百科事典マイペディアの解説

熱電半導体素子【ねつでんはんどうたいそし】

熱エネルギーと電気エネルギーの変換を行う半導体素子ビスマステルルセレン等の金属間化合物の半導体を使ったものは熱電発電電子冷凍に使用され,コバルト,銅,マンガン等の酸化物を焼結したものにサーミスターがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android