コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱電半導体素子 ねつでんはんどうたいそし

百科事典マイペディアの解説

熱電半導体素子【ねつでんはんどうたいそし】

熱エネルギーと電気エネルギーの変換を行う半導体素子ビスマステルルセレン等の金属間化合物の半導体を使ったものは熱電発電電子冷凍に使用され,コバルト,銅,マンガン等の酸化物を焼結したものにサーミスターがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android