コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属間化合物 きんぞくかんかごうぶつ intermetallic compound

7件 の用語解説(金属間化合物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属間化合物
きんぞくかんかごうぶつ
intermetallic compound

2種以上の金属が簡単な整数比で結合した化合物。通常固体結晶としてのみ存在し,融解または高温で解離し,中間の温度域にしか存在しないものもある。成分の1つが半金属であっても金属的性質が強く,合金中によく析出するものは金属間化合物として扱う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

金属間化合物

複数の金属元素が一定の比率で結合した化合物。半金属や窒素、硫黄などの非金属元素を構成元素とするものもある。いずれも構成元素とは全く異なる構造や予想もつかない物性を有する。例えば、超耐熱合金の構成成分であるニッケル3アルミニウム1000℃近い高温になるほど強度が上がるという、一般の材料とは逆の特性を示す。超硬材料、耐摩耗材料としての応用は古く、磁性材料半導体材料、光学材料はほとんどが金属間化合物といえる。超伝導合金水素吸蔵合金形状記憶合金などの機能材料のほか、超合金などの構造材料の構成成分でもある。

(岡田益男 東北大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんぞくかん‐かごうぶつ〔‐クワガフブツ〕【金属間化合物】

2種以上の金属元素が結合し、新しい性質をもつようになった化合物合金に多くみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金属間化合物【きんぞくかんかごうぶつ】

2種またはそれ以上の金属元素が簡単な割合で結合し,成分元素とは違った新しい性質をもつようになった化合物をいう。合金に多く,たとえば銅合金ではCuZn,Cu5Zn8,CuZn3とか,Cu5Sn,Cu3Snなど。
→関連項目合金固溶体メカニカル・アロイング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくかんかごうぶつ【金属間化合物 intermetallic compound】

金属元素と金属元素との間に形成される化合物で,金属的な性質を示す固体結晶である。化合物といっても気体分子化合物とはまったく異なり,合金の構成要素(相)の一つとして金属材料の組織の中に出現する固相であるので,中間相intermediate phaseという呼び方もある。単純な原子価の考え方が適用できない結晶も数多く含まれる。 結晶を特徴づけるのは規則正しい格子点の配列である。格子点はいくつかの等価の位置に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんぞくかんかごうぶつ【金属間化合物】

二種類以上の金属元素どうし、または金属元素と非金属元素が結合してできた化合物。合金の一種とみなせるが、一般の合金には見られない特性をもつものがあり、半導体・超電導材料・永久磁石・耐熱合金などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金属間化合物
きんぞくかんかごうぶつ
intermetallic compound

金属元素と他の金属元素あるいは非金属元素とが簡単な整数比の原子組成をもつ相を形成し、その結晶構造にも規則性があるとき、これを金属間化合物という。合金の一種ともみえるが、連続的に組成が変化しうる一般の合金とは異なり、化学量論的定比組成を示すのが特徴である。原子間の化学結合金属結合性であり、組成式中の各原子がもつ価電子(s電子とp電子)数の総和と原子数との比が同じになるものは同じ構造をとる、というヒューム‐ロザリーの規則が成立する例が知られている。たとえばCuZn、AgCd、Cu3Al、Cu5Snはいずれもこの比が3対2となり、塩化セシウム型、あるいはそれと本質的に等価な結晶構造をとる。
 13族元素と15族元素との1対1の化合物は半導体になることが知られているが、AlAs、AlSb、GaP、GaAs、InP、InAsなどはいずれもダイヤモンドと同じ原子配列をとる閃亜鉛鉱型構造(せんあえんこうがたこうぞう)をもっている。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金属間化合物の関連キーワードアミド原子価合金定比例の法則原子容アルカリ金属元素アルカリ土類金属元素土類金属元素陽性元素複合タンパク質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金属間化合物の関連情報