コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃焼生成物 ねんしょうせいせいぶつcombustion products

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燃焼生成物
ねんしょうせいせいぶつ
combustion products

燃焼によって生成する物質をいう。重油中の硫黄分に由来する硫黄酸化物無水硫酸高温で燃焼する際に発生する窒素酸化物,炭素あるいは炭素化合物不完全燃焼の際に生成する一酸化炭素,その他煤塵などは大気汚染の主要な因子である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

燃焼生成物の関連キーワード元素発見史(年表)酸水素炎排気ガスバリウム燃料電池煙感知器昇華核リン酸凝結核酸化炎花火酸素凝結燃料

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android