コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃燈仏授記本生図 ねんとうぶつじゅきほんじょうず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燃燈仏授記本生図
ねんとうぶつじゅきほんじょうず

スメーダ仙人 (釈尊の前身) 本生図ともいう。ジャータカ (本生話) の主題の一つ。燃燈仏が都に来られたとき,スメーダがこれを供養しようと5本の蓮華を求め仏前に散華すると,スメーダの蓮華だけは空中にとどまって燃燈仏をおおう花蓋となった。また,燃燈仏のためにぬかるみに衣を脱いで敷いたが足りず,さらに髪を解いて地に敷き,その上を燃燈仏に歩ませた。燃燈仏はその志に感じ「百劫ののちに釈迦牟尼と名づける仏となろう」と予言したという。絵や浮彫で表わされたこの本生図は,ガンダーラから西域地方で特に好まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android