コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃量計 ねんりょうけいfuel quantity indicator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燃量計
ねんりょうけい
fuel quantity indicator

燃料タンクの液面を指示する計器。次の3種に大別される。 (1) 浮き子式 液面に浮べた浮き子の位置をリンク機構で直接読取るもの。 (2) 圧力式 液面の高さによって底部に働く圧力の変化をみるもので,高圧容器の中でもはかれる。 (3) 電気容量式 燃料タンクに同心の内外筒の形をとった電極を差込み,タンク内の燃料の量が変化するのに応じて,内外筒間の電気容量が変化し,これを検出して燃料の量を読取る。 (→液面計 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android