コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気容量 でんきようりょう electric capacity

8件 の用語解説(電気容量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気容量
でんきようりょう
electric capacity

キャパシタンス,静電容量ともいう。コンデンサ電荷をたくわえる能力を表わす。コンデンサの両極板にそれぞれQ と -Q の電荷を与えたときの極間の電位差が V であるとき,QV に比例し,その比例定数 CQ/V をコンデンサの電気容量という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんき‐ようりょう〔‐ヨウリヤウ〕【電気容量】

静電容量(せいでんようりょう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電気容量【でんきようりょう】

静電容量

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

電気容量

コンデンサなどの絶縁された導体において、どのくらい電荷が蓄えられるかを表す量のこと。静電容量とも呼ばれる。住宅においては同時に使用できる電流量(アンペア数)のことを指す。つまり同時に使用できる機器の総使用電流のこと。一般家庭での分電盤の電気容量は普通30Aであるが、現在の電化製品が多い生活形態ではブレーカーが落ちこともしばしばである。電気容量ごとに電力会社の電気基本料金が決められているので、容量を多くすれば基本料金が高くなる。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

電気容量

 →キャパシタンス

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんきようりょう【電気容量 electric capacity】

静電容量ともいう。コンデンサー,または単独の導体が,電荷を蓄える能力を表す量。コンデンサーの極板間に電圧をかけると,両極板上には電圧に比例した電荷が蓄えられる。極板間の電圧をV(V),両極板の上の電荷を±Q(C)とし,上記の比例関係をQCVと表すとき,比例定数Cをそのコンデンサーの電気容量と呼ぶ。すなわち,1Vの電圧をかけたときに極板に帯電する電気量が電気容量である。電気容量が大きいほどコンデンサーの能力が大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんきようりょう【電気容量】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気容量
でんきようりょう
electric capacity

導体やコンデンサーが電荷を蓄える能力を表す量。静電容量とも、キャパシタンスとも、単に容量ともよぶことがある。絶縁された導体に電荷Qを与えたときの電圧がVであるとき、その導体の電気容量はQ/Vであるという。またコンデンサーのように対向する導体にそれぞれ電荷QとマイナスQを与えたとき、二導体間の電気容量はQ/Vであるという。導体の使用状態に応じて対地間容量、線間容量、コンデンサー容量などとよぶ。
 単位にはファラド(F)を用いるが、大きすぎるので普通はその100万分の1のマイクロファラド(μF)や1兆分の1のピコファラド(pF)を用いる。電気容量の逆数はエラスタンスまたは逆容量とよぶ。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電気容量の関連キーワード静電容量絶縁油絶縁抵抗MPコンデンサーオイルペーパー空気コンデンサー磁器コンデンサー真空コンデンサーペーパーコンデンサージョシイ効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電気容量の関連情報