コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燐酸質団塊 りんさんしつだんかい phosphatic nodule

1件 の用語解説(燐酸質団塊の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

燐酸質団塊

有機燐酸カルシウムの団塊で,しばしば続成作用の間に有機燐酸の移動によって化石の周囲に形成される.団塊は土状の組織で,外側が光っており,灰色,褐色または黒色をしている.燐酸質団塊は様々な海の堆積物として産し,現在でも海底に形成されている[Hatch, et al. : 1938].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燐酸質団塊の関連キーワード硝酸カルシウム炭酸カルシウムリン酸カルシウム過燐酸石灰燐酸カルシウム酢酸カルシウムアルギン酸カルシウムカルシウム代謝グルコン酸カルシウムシュウ酸カルシウム

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone