燕然都護府(読み)エンゼントゴフ

大辞林 第三版の解説

えんぜんとごふ【燕然都護府】

中国唐代、ゴビ砂漠北方のトルコ系遊牧諸部族を統治するために設けられた役所。647年設置、663年瀚海都護府、669年安北都護府と改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android