コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燻りがっこ イブリガッコ

デジタル大辞泉の解説

いぶり‐がっこ【×燻りがっこ】

《「がっこ」は秋田弁で漬け物のこと》木を燃やす煙でいぶして乾かした大根を使うたくあん漬け。秋田県名産。昔は、いろりの上で、棚に並べたり、天井から吊るしたりして作った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

いぶりがっこ【燻りがっこ】


秋田名産の漬物で、燻煙乾燥した大根を、ぬか・塩・砂糖を混ぜた漬け床に漬け込んだもの。雪が多く露天での乾燥が難しいため、屋内につるし囲炉裏火の熱と煙を利用して大根を干すという独特の方法をとる。現在は専用の燻製設備で作ることが多い。◇「いぶり漬け」ともいう。「がっこ」は漬物のこと。「いぶりがっこ」は雄勝野(おがちの)きむらやの登録商標だが、一般的にも用いる。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android