燼灰(読み)ジンカイ

大辞林 第三版の解説

じんかい【燼灰】

もえさしと灰はい
燃えてなくなること。灰燼。 「 -に帰す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐かい ‥クヮイ【燼灰】

〘名〙 もえさしと灰。転じて、火に焼けて消え失せること。灰燼。〔唐無名氏‐観南郊回仗詩〕

じん‐はい ‥はひ【燼灰】

浄瑠璃・和国女眉間尺(1708)二「有つる邪経の内よりも、ほのふ忽もへ出て、皆ぢんはいと成失て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android