コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆破薬 ばくはやく

百科事典マイペディアの解説

爆破薬【ばくはやく】

岩石などの爆破に使用する爆薬ダイナマイト硝安爆薬カーリット硝安油剤爆薬など。安定で取扱い上安全なこと,爆発威力が大きいこと,爆破後のガスが無害なこと,製造容易で安価なことが必要条件。
→関連項目火薬爆薬発破

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の爆破薬の言及

【爆薬】より

…前者は打撃,摩擦,加熱などによって確実に起爆される物質で,起爆薬とも呼ばれる。後者は起爆薬または伝爆薬などの助けを借りて,かなりの量のエネルギーを集中的に与えることで初めて確実に爆発する物質で,爆破作業を目的とする爆破薬blasting explosiveや,砲弾などに装てんして炸裂させるための炸薬bursting explosiveとして用いられる。また,I型およびII型爆薬と分類する場合もある。…

※「爆破薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

爆破薬の関連キーワードニトログリセリン下瀬火薬黒色火薬含水爆薬伝爆薬起爆薬点火薬爆速

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android