コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆破薬 ばくはやく

1件 の用語解説(爆破薬の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

爆破薬【ばくはやく】

岩石などの爆破に使用する爆薬。ダイナマイト硝安爆薬カーリット硝安油剤爆薬など。安定で取扱い上安全なこと,爆発威力が大きいこと,爆破後のガスが無害なこと,製造容易で安価なことが必要条件
→関連項目火薬爆薬発破

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の爆破薬の言及

【爆薬】より

…前者は打撃,摩擦,加熱などによって確実に起爆される物質で,起爆薬とも呼ばれる。後者は起爆薬または伝爆薬などの助けを借りて,かなりの量のエネルギーを集中的に与えることで初めて確実に爆発する物質で,爆破作業を目的とする爆破薬blasting explosiveや,砲弾などに装てんして炸裂させるための炸薬bursting explosiveとして用いられる。また,I型およびII型爆薬と分類する場合もある。…

※「爆破薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

爆破薬の関連キーワード使用イメージ起爆薬ダイナマイト炭鉱爆薬爆薬発破液体空気爆薬なまいだブースターANFO

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone