爆破薬(読み)ばくはやく

精選版 日本国語大辞典の解説

ばくは‐やく【爆破薬】

〘名〙 ダイナマイト・硝安爆薬・カーリットなど爆破に用いる火薬の総称。破壊薬。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の爆破薬の言及

【爆薬】より

…前者は打撃,摩擦,加熱などによって確実に起爆される物質で,起爆薬とも呼ばれる。後者は起爆薬または伝爆薬などの助けを借りて,かなりの量のエネルギーを集中的に与えることで初めて確実に爆発する物質で,爆破作業を目的とする爆破薬blasting explosiveや,砲弾などに装てんして炸裂させるための炸薬bursting explosiveとして用いられる。また,I型およびII型爆薬と分類する場合もある。…

※「爆破薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android