コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

父御 チチゴ

デジタル大辞泉の解説

ちち‐ご【父御】

他人の父を敬っていう語。尊父。ててご。⇔母御(ははご)

てて‐ご【父御】

父、特に他人の父を敬っていう語。ちちご。
「―にきっと約束して来たからは」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちちご【父御】

他人の父を敬っていう語。ててご。 ↔ 母御

ててご【父御】

父の敬称。ちちご。 「此の子は、-の四十二の二つ子にて/浄瑠璃・鑓の権三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

父御の関連キーワードパーフェクト リバティー教団埼玉県飯能市坂石意見に付く見参に入る崇神天皇中臣鎌足御巫清直浄瑠璃後ろ紐敬称御前文蔵一落母御

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

父御の関連情報