片桐ユズル(読み)かたぎり ユズル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片桐ユズル かたぎり-ユズル

1931- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
昭和6年1月1日生まれ。早大卒業後,サンフランシスコ州立大でまなぶ。帰国後「ビート詩集」(共訳)を刊行。ほかに評論集「日常のことばと詩のことば」「ほんやら洞の詩人たち」,詩集に民衆歌謡のような素朴なリズムと口調,おしゃべりの味を生かす「専問家は保守的だ」など。フォークソング運動をすすめた。昭和54年京都精華大教授。東京出身。本名は譲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android