片桐ユズル(読み)かたぎり ユズル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片桐ユズル かたぎり-ユズル

1931- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
昭和6年1月1日生まれ。早大卒業後,サンフランシスコ州立大でまなぶ。帰国後「ビート詩集」(共訳)を刊行。ほかに評論集「日常のことばと詩のことば」「ほんやら洞の詩人たち」,詩集に民衆歌謡のような素朴なリズムと口調,おしゃべりの味を生かす「専問家は保守的だ」など。フォークソング運動をすすめた。昭和54年京都精華大教授。東京出身。本名は譲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android