片紙(読み)びらがみ

精選版 日本国語大辞典「片紙」の解説

びら‐がみ【片紙】

〘名〙 =びら(片)
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉一月暦「十二月もになると、薬種屋店頭に延寿屠蘇散と書いたビラ紙(ガミ)が下る」

へん‐し【片紙】

〘名〙 紙のきれはし。紙きれ。紙片片楮(へんちょ)
万葉(8C後)五・八六四右詞文「今因相撲部領使、謹付」 〔宋史‐汪若海伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「片紙」の解説

【片紙】へんし

紙きれ。

字通「片」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android