コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタ

デジタル大辞泉の解説

かた【片】

[名]一対のもの、二つで一組のものの一方。片方。片一方。「や横綱、や平幕の対戦」
[語素]名詞または動詞の上に付いて、複合語をつくる。
一対となるものの一方、一方だけ、の意を表す。「親」「面」「思い」
不完全な、整っていない、の意を表す。「言(こと)」「仮名」
かたよる、一方に偏した、の意を表す。「田舎」「意地」
わずかな、少ない、の意を表す。「時(とき)」「手間」
しきりに、ひたすら、の意を表す。
「鶯は今は鳴かむと―待てば霞たなびき月は経につつ」〈・四〇三〇〉

ひら【片/枚】

《「平(ひら)」と同語源》
[名]紙・葉・花弁など、薄くて平らなもの。
「白き赤きなど掲焉(けちえん)なる―は」〈・梅枝〉
[接尾]助数詞。薄くて平らなものを数えるのに用いる。「一―のバラの花弁

びら【片/枚】

広告・宣伝のために、人目につく所に掲げるはり紙。ポスター。
広告宣伝のために人に配る紙片ちらし。「―をまく」

へん【片】

[接尾]助数詞。物の切れはし、花びらなどを数えるのに用いる。上に来る語によっては「ぺん」となる。「二、三花びら

へん【片】[漢字項目]

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]かた ひら ペンス
学習漢字]6年
〈ヘン〉
二つのうちの一方。「片務片麻痺(へんまひ)
薄く小さな切れ端。「片雲花片砕片紙片切片雪片断片肉片破片薄片木片
わずか。少し。「片時片言隻句
〈かた〉「片側片言(かたこと)片隅片方

ぺん【片】

[接尾]へん(片)」に同じ。「一の雲」

ペンス(pence)

ペニーの複数形。
[補説]「片」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かた【片】

( 接頭 )
〔「かた(方)」と同源〕
名詞に付く。
二つそろったものの一方の意を表す。 「 -親」 「 -思い」 「 -敷く」
すくない、わずかである意を表す。 「 -時」
完全でない意を表す。 「 -言こと
中心より離れ、一方に寄っている、へんぴである意を表す。 「 -田舎」 「 -山里」
〔上代の用法〕 動詞に付いて、ひたすらそれをするさまを表す。 「 -待つ」 「 -設く」 → 片や
[句項目]

へん【片】

( 接尾 )
〔促音・撥音のあとに付くときは「ぺん」となる〕
助数詞。物の切れはし、花びらなどを数えるのに用いる。 「牡丹散て打かさなりぬ二三-/蕪村句集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

片の関連キーワードマントルド・ナイス・ドームクリスタロフィリアン岩プロトブラスティックメタピリジアン片麻岩一次核分裂生成物ロウバイ(蠟梅)アカスタ片麻岩ブレーキシュープロトジン片岩モリエレサイトシプリペジウムイノモトソウ偽斑状片麻岩キジノオシダオルソ片麻岩ゲジゲジシダアロロ片麻岩条線状片麻岩オストラコン核分裂破片

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片の関連情報