片肺(読み)カタハイ

デジタル大辞泉の解説

片方の肺。
双発の航空機のエンジンが片方しか動かないこと。「片肺飛行」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 片方の肺。
※母なるもの(1969)〈遠藤周作〉「片肺しかない私には雨に濡れて歩く肺活量はなかった」
② (比喩的に) 双発の飛行機の片方のエンジンが故障して、一方のエンジンしか動かないこと。
※紅の翼(1958)〈菊村到〉「大刀洗からラバウルに飛ぼうとして、片肺がいかれてしまい」
③ (比喩的に) 二つそろって完全なものの、一つが欠けていること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片肺の関連情報