コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊村到 きくむらいたる

5件 の用語解説(菊村到の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊村到
きくむらいたる

[生]1925.5.15. 神奈川,平塚
[没]1999.4.3. 神奈川,秦野
小説家。本名戸川雄次郎。早稲田大学英文科卒業後,読売新聞社に入社。 1957年に発表した第一作『不法所持』で文学界新人賞を受賞,同年戦争体験を下敷きにした『硫黄島』で芥川賞を受賞し,文名を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きくむら‐いたる【菊村到】

[1925~1999]小説家。神奈川の生まれ。本名、戸川雄次郎。読売新聞記者を経て文筆活動に入る。「硫黄(いおう)島」で芥川賞受賞。戦記、伝記などの実録物のほか、推理小説なども手がける。他に「あゝ江田島」「けものの眠り」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊村到 きくむら-いたる

1925-1999 昭和後期-平成時代の小説家。
大正14年5月15日生まれ。戸川貞雄の次男。読売新聞の記者をつとめる。昭和32年「硫黄島」で芥川賞をうけて文筆生活にはいる。代表作に戦記文学「あゝ江田島」,推理小説「けものの眠り」など。平成11年4月3日死去。73歳。神奈川県出身。早大卒。本名は戸川雄次郎。
【格言など】仕事のための努力や苦労は,より大きな自分を育てあげるための自己投資です

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

きくむらいたる【菊村到】

1925~1999) 小説家。本名戸川雄次郎。神奈川県生まれ。「硫黄島」で芥川賞受賞。社会性の強い題材を描き、推理小説、実録小説など多方面に活躍。著「あゝ江田島」「遠い海の声」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊村到
きくむらいたる
(1925―1999)

小説家。神奈川県平塚市生まれ。本名戸川雄次郎。早稲田大学英文科卒業後、読売新聞社に勤務した。『受胎告知』は1954年(昭和29)度の芥川(あくたがわ)賞候補作。57年『不法所持』『硫黄(いおう)島』『事件の成立』などを発表。『硫黄島』で芥川賞を得た。戦争体験を背景に、人間存在の危機感や不安を、鋭く社会感覚を発揮して描いた。戦記、伝記などの実録物、推理・事件小説なども多く、優れた社会派ストーリー・テラーであり、83年にはオペラ『祝い歌が流れる夜に』の台本で文化庁舞台芸術創作奨励特別賞を受賞した。後年は、「赤い闇の未亡人」シリーズなど官能サスペンスで知られた。主な著作に『あゝ江田島』『自由連想』『遠い海の声』『こちら社会部』『小説池田大作』『提督有馬正文』『あゝ市ヶ谷台』『黒い花を摘んだ』『ベッドの上の迷路』などがある。[伴 悦]
『『硫黄島・あゝ江田島』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊村到の関連キーワード大家裕河上民雄木下航二後藤仁郎高橋大造築島裕小尾信彌水野清山本悟山本卓真

菊村到の関連情報