コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片脳油(読み)ヘンノウユ

大辞林 第三版の解説

へんのうゆ【片脳油】

樟脳油から樟脳をとった残りを精製した油。強い香りをもった白色揮発性の液体で、防虫剤・防臭剤・塗料の溶剤などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の片脳油の言及

【ショウノウ(樟脳)】より

…この液体を分留して,白油(160~185℃で留出),赤油(210~215℃),ラン(藍)色油(220~300℃)に分ける。白油は片脳油ともいい,テルペン炭化水素(α‐ピネン,リモネンなど),シネオールを含み,防臭用やテレビン油の代用として用いられる。赤油はサフロール,オイゲノールを含み,これらの製造原料,あるいはセッケン,防腐剤の原料とされる。…

※「片脳油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる