コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樟脳油 ショウノウユ

大辞林 第三版の解説

しょうのうゆ【樟脳油】

クスノキの根や枝を水蒸気蒸留して得た油状物から、樟脳を分離したあとの精油。黄褐色の液体。これをさらに減圧蒸留し、白油・赤油・藍色油を得る。防臭剤・石けんや防腐剤・殺虫剤などの原料となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

樟脳油の関連キーワードクスノキ(樟)オイゲノール下山順一郎カンフル鈴木商店クスノキ香料植物殺虫剤防腐剤水蒸気減圧精油

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android