コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樟脳油 ショウノウユ

大辞林 第三版の解説

しょうのうゆ【樟脳油】

クスノキの根や枝を水蒸気蒸留して得た油状物から、樟脳を分離したあとの精油。黄褐色の液体。これをさらに減圧蒸留し、白油・赤油・藍色油を得る。防臭剤・石けんや防腐剤・殺虫剤などの原料となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android