片通(読み)かたどおり

精選版 日本国語大辞典 「片通」の意味・読み・例文・類語

かた‐どおり‥どほり【片通】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 道を一度通るだけで再び通らないこと。
    1. [初出の実例]「京伏見は、故郷にて知音などある所にかはり、片通(カタドホ)りなれば、後に返弁せんなどいひ、物の代をすまさず過ぐることはなるまじきぞ」(出典咄本醒睡笑(1628)四)
  3. 街路片側
  4. かたかわまち(片側町)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android