コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知音 チイン

デジタル大辞泉の解説

ち‐いん【知音】

《中国の春秋時代、の名人伯牙は親友鍾子期が亡くなると、自分の琴のを理解する者はもはやいないと愛用していた琴の糸を切って再び弾じなかったという「列子」湯問などの故事から》
互いによく心を知り合った友。親友。「年来の知音
知り合い。知己。「知音を頼る」
恋人となること。また、恋人。なじみの相手。
「しをらしき女は大方―ありて」〈浮・一代男・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちいん【知音】

〔琴の名人伯牙は、自分の弾く琴をよく理解していた友人の鍾子期の死後、琴の弦を切ってしまったという「列子湯問」の故事から〕 心の底まで理解しあった友人。親友。
知り合い。知人。 「親類-の人々/遠野物語 国男
愛人。恋人。また、情を交わすこと。 「小まんの-の与作/浄瑠璃・丹波与作

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

知音
ちいん

互いに心をよくり合い、許し合った友達、親友のこと。のち転じて、広く知人や恋人などをもいうようになった。中国、春秋時代の琴の名手伯牙(はくが)に鐘子期という親友がおり、伯牙が高山を思いつつ琴を弾ずれば、子期の心にも高山の姿が映じ、流水を思いつつ弾ずれば、洋々たる江河が子期の心に写ったというほど、伯牙の琴の音をよく知り、聞き分けた。その子期が没すると、伯牙は「もはや琴を聞かせる人はいない」といって、琴を破り、弦を断ってふたたび琴を弾くことがなかった、と伝える『列子』「湯問篇(へん)」や『呂氏春秋(りょししゅんじゅう)』「本味篇」などの故事による。「断琴」「伯牙琴を破る」も同義。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

知音の関連キーワード値・地・恥・智・池・治・痴・癡・知・稚・緻・置・致・遅・遲・馳Tune Me断琴の交わり山田 宗有鼻に当てる糸竹大全山田宗有高山流水丹波与作西村和子大ぬさ古琴台安否大方山神知己

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知音の関連情報