片鎌槍(読み)かたかまやり

  • 片鎌×槍

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 穂先に十文字に枝のある槍の、片方の刃が欠けた形になったもの。かたかま。
※浄瑠璃・信州川中島合戦(1721)三「後を取切る片かま鑓、向うよりは十文字、前後一度に突き出だせば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の片鎌槍の言及

【十文字槍】より

…槍身に枝のある鎌槍の一種。片側に枝のあるのは片鎌槍といい,両側に枝のあるのを両鎌(もろかま)または十文字というが,十文字槍も鎌の形によって,上向十文字,下向十文字,手違十文字などいろいろの名称がつけられている。十文字槍で有名なものに,宝蔵院流槍術がある。…

※「片鎌槍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android