牛に汗し棟に充つ(読み)うしにあせしむなぎにみつ

  • うし
  • に 汗(あせ)し棟(むなぎ)に充(み)つ
  • 牛(うし)に汗(あせ)し棟(むなぎ)に充(み)つ

精選版 日本国語大辞典の解説

(車で引かせると牛に汗をかかせ、積み上げると建物の棟木に届くの意から) 蔵書の多いことにいう。汗牛充棟(かんぎゅうじゅうとう)
※浮世草子・西鶴織留(1694)序「西鶴生涯のうち、述作する所の仮名草子、棟に充ち、牛に汗して世にはびこる中に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android