コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛の角文字 ウシノツノモジ

3件 の用語解説(牛の角文字の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うしのつの‐もじ【牛の角文字】

《形が牛の角に似ているところから》平仮名の「い」の字。一説に「ひ」の字とも。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うしのつのもじ【牛の角文字】

〔牛の角に形が似ているので〕
平仮名の「い」の文字。また、徒然草にある延政門院の歌より、恋文のこと。 「ふたつ文字-直ぐな文字歪み文字とぞ君は覚ゆる/徒然 62」 〔「ひ」の文字とする説もある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛の角文字
うしのつのもじ

平仮名の「い」の字のこと。その字体が牛の角に似ているところによる。『徒然草(つれづれぐさ)』62段にみえる「ふたつもじ牛の角もじすぐなもじゆがみもじとぞ君は覚ゆる」の歌に由来する、判じ物の文字遊戯でもある。「ふたつもじ」は「こ」の字をいい、「すぐなもじ」は「し」の字をいい、牛の角文字「い」を挟んで「こいし」(恋し)の意となる。『徒然草』の例は「ひ」の字をいうとの説もあるが、江戸時代以降は、手習いの「いろは」文字の筆頭の「い」の字をあてるか、「恋し」の洒落(しゃれ)として使われている。[棚橋正博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牛の角文字の関連キーワード飯粒伊呂波仮名ウ冠釘煮直ぐな文字角文字二つ文字元のえ鰹木蟹の目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone