コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判じ物(読み)ハンジモノ

世界大百科事典 第2版の解説

はんじもの【判じ物】

英語のパズルpuzzleに相当し,なぞ考え物などと同一のものであるが,昔からなぞや考え物は文章あるいは言葉で問題を提供して,推理的な解答を求めるのに対し,判じ物,判じ絵は物質によって,仮託的な問題を提示するものを意味することが多い。例をあげると,松永貞徳の《歌林雑話》に,京都に新城ができた正月,御門のところに割れたハマグリ貝を九つならべてあった。織田信長がそれを見て,将軍の心がうつけているからクガイ(苦労)がたえないと,子どもたちがひやかしたものだと解いたという話がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんじもの【判じ物】

なぞの一種。文字・図画などに、ある意味を隠し、人に判断させて当てさせるもの。 「ごたごた書かれていてまるで-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

判じ物
はんじもの

文字や絵にある意味をあてつけて判じさせる謎解(なぞと)き。絵のものを「判じ絵」、字のものを「字謎(じなぞ)」などともいった。江戸の町人社会で戯作者(げさくしゃ)中心に流行し、その類の版本もつくられた。その余流はなお今日のクイズものにも残っている。「人在草木間目有竹木傍(茶箱)」「春夏冬二升五合(商いますます繁盛(はんじょう))」などはいわゆる「字謎」のありふれた例で、幕末期江戸にはこうした考え物(字謎)で物乞(ご)いする願人(がんにん)坊主のたぐいもあったという。判じ絵には複雑な図柄を配してくふうを凝らしたものも多く、「団扇(うちわ)絵」や「大小暦」などの図案として、毎年各自創案を競う傾向も生じたらしい。また岩手県地方にみられる「南部盲暦(めくらごよみ)」の節季表示なども一種の判じ絵であった(入梅=盗人=荷うばい等)。[竹内利美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例