コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛は願いから鼻を通す(読み)ウシハネガイカラハナヲトオス

大辞林 第三版の解説

うしはねがいからはなをとおす【牛は願いから鼻を通す】

〔牛はその天性によって鼻木を通される意〕
自ら望んで災いを受けることのたとえ。牛と芥子からしは願いから鼻を通す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる