牛仏(読み)ウシボトケ

大辞林 第三版の解説

うしぼとけ【牛仏】

仏が、仮に牛の姿になって現れたもの。 「関寺といふ所に-あらはれ給ひて/栄花 嶺の月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うし‐ぼとけ【牛仏】

〘名〙 この世の迷っている人を救うために、牛に姿を変えて現われた仏。法華経大白牛車の思想が背景にあると思われる。
※栄花(1028‐92頃)峰の月「関寺といふ所にうし仏現れ給て、よろづの人参り見奉る」
[語誌]万寿二年(一〇二五)五月頃、近江の逢坂関の東にあった関寺の造営の際に使用されていた牛が、仏の化身であるという噂が広まり、京中の貴族たちが皆出向いてこれを尊崇したといい、この牛を「牛仏」とひろく呼んだ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる