牛山 純一(読み)ウシヤマ ジュンイチ

  • 牛山 純一 (うしやま じゅんいち)

20世紀日本人名事典の解説

昭和・平成期のテレビプロデューサー 日本映像記録センター社長。



生年
昭和5(1930)年2月4日

没年
平成9(1997)年10月6日

出生地
東京・神田

出身地
茨城県竜ケ崎市

学歴〔年〕
早稲田大学文学部東洋史学科〔昭和28年〕卒

主な受賞名〔年〕
カンヌ国際映画祭テレビ・フィルム部門入賞〔昭和37年 39年〕,芸術選奨文部大臣賞(放送部門)〔昭和47年〕,スペイン放送協会国際プロフェッショナル賞〔昭和52年〕,ニューヨークフェスティバル銅賞「上海1978」,ニューヨークフェスティバル銀賞「秘境雲南アシ族の1年」,日本記者クラブ賞〔昭和59年〕,放送文化基金賞(第17回)〔平成3年〕,紫綬褒章〔平成5年〕,ギャラクシー賞(第30回・小谷正一記念賞)〔平成5年〕

経歴
テレビ放送が始まった昭和28年、日本テレビに入社。政治記者から報道番組制作に移り、34年「ニュースデスク」でニュースショーの型を確立。37年から民放初のドキュメント制作にとり組み、映像の生々しさから一部放送中止となった「南ベトナム海兵大隊戦記」や、秀作「老人と鷹」などを生んだ。NTVの社会部長、制作局次長を経て、47年日本映像記録センターを設立、代表に。「すばらしい世界旅行」「知られざる世界」などを手がける。59年これまでの一貫した姿勢が評価され、日本記者クラブ賞を受賞。テレビ・ドキュメンタリーの草分け的存在だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1930年2月4日
昭和時代;平成時代のテレビプロデューサー。日本映像記録センター社長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛山 純一の関連情報