コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛肉トレーサビリティー法 ギュウニクトレーサビリティーホウ

2件 の用語解説(牛肉トレーサビリティー法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎゅうにくトレーサビリティー‐ほう〔ギウニク‐ハフ〕【牛肉トレーサビリティー法】

「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」の通称。牛海綿状脳症の広がるのを防ぎ、消費者に安全な牛肉を提供するための法律。国内で生まれたすべての牛に識別番号を付け、生年月日・性別・飼育者・飼育地などの情報を生産・流通・消費の各段階で記録・管理することが義務づけられる。識別番号は公開され、インターネットを通じて情報を閲覧できる。平成15年(2003)施行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

牛肉トレーサビリティー法

牛海綿状脳症(BSE)や偽装表示の問題を受け、牛肉の生産流通過程の透明度を高めるため、03年12月から施行。牛1頭に10けたの個体識別番号を付け、出生から食肉処理や販売まで情報開示するよう、関係業者らに義務づけた。正式名は「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置没。違反した場合は農水相が改善を勧告・命令し、悪質な場合は告発を検討する。

(2008-06-21 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牛肉トレーサビリティー法の関連情報