コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛馬耕 ぎゅうばこう

百科事典マイペディアの解説

牛馬耕【ぎゅうばこう】

水田耕作で牛・馬に鋤(すき)を引かせて田の鋤返し・代掻きなどを行うこと。鎌倉時代に西日本を中心に普及。動力源としてのみならず,牛・馬の糞尿を利用した厩肥も,刈敷(かりしき)が入手できない地域では自給農業を維持するために重要な肥料となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

牛馬耕の関連キーワード熊本(県)鈴木三蔵林遠里

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android