コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代掻き シロカキ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐かき【代×掻き】

田植えのために、田に水を入れて土を砕いてかきならす作業。田掻き。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

代掻き【しろかき】

田植の前に水田に水を入れて土塊を砕く作業。水田の漏水を防止し,田植を容易にする。また肥料と土をよく混合し,田面を平らにするとともに,雑草,害虫等の除去を助ける。
→関連項目水田土壌保温折衷苗代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代掻き
しろかき

田に水を入れた状態で、土の塊を細かく砕く作業。田面に散布した肥料を混和するとともに、表面の土を柔らかくして田面を均平にし、また水田の漏水を抑える効果がある。田面が凸凹だと、田植がしにくく、また、田植後に水を入れたとき、稲株が沈んだり、水が届かなかったりするので、これを防ぐために田面を均平にする作業はきわめて重要である。従来の人力あるいは畜力を用いた時代は田を荒起こししたのち水を入れ、数日置きに数回櫛型(くしがた)馬鍬(まぐわ)などを用いて代掻き作業を行って、それぞれ荒代(あらしろ)、中代(なかしろ)、植代(うえしろ)とよんだ。現在は一般に、ロータリーティラーなど耕うん用機械で耕し、水を入れてからロータリーティラー、カゴ型ローターなどで代掻きを行う。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

代掻きの関連キーワード御田祭[吉良川]田遊び[徳丸]壬生の花田植田植儀礼民俗芸能日本民謡冬水田圃砕土機二毛作田植え一毛作牛馬耕植代田舟イネ

代掻きの関連情報