牢舎/籠舎(読み)ロウシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

ろう‐しゃ ラウ‥【牢舎・籠ロウ舎・籠ロウ者】

〘名〙
① (━する) 人を人屋(ひとや)に押しこめること。牢屋に入れること。また、牢屋に入れられること。入牢。
東寺百合文書‐ち・文安六年(1449)六月八日・二十一口方評定引付「慶紹籠者間事」
※世鏡抄(室町末か)上「王城中の喧嘩闘諍火事悪徒無法之者搦捕、死罪流罪籠舎(ラウしゃ)をこなうべき也」
② 人を押しこめておく屋舎。罪人・囚人を拘禁しておく建物。牢屋牢獄獄舎
源平盛衰記(14C前)六「少き御心にさまよひありき給ける程に、彼の籠舎(ロウシャ)の砌に迷行」
[補注]和製漢語か。幽閉・禁獄の意味で用いられ、古くは「籠舎」「籠者」と表記。「牢舎」「牢者」などの「牢」の字は、後に新しい語源解釈によって与えられたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android