コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧墨僊 まき ぼくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧墨僊 まき-ぼくせん

1775-1824 江戸時代後期の浮世絵師,銅版画家。
安永4年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。喜多川歌麿(うたまろ),葛飾北斎(かつしか-ほくさい)に浮世絵をまなぶ。「瘍科精選図解」などの挿絵を銅版画で制作した。月斎峨眉丸(がびまる)と同一人物とする説がある。文政7年4月8日死去。50歳。名は信盈(のぶみつ)。通称は助右(左)衛門。別号に歌政,北亭,月光亭,百斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

牧墨僊

没年:文政7.4.8(1824.5.6)
生年:安永4(1775)
江戸後期の浮世絵師,銅版画家。知行150石の名古屋藩士。名は信盈,通称新次郎,のち登,助右(左)衛門。歌政,北僊,北亭,月光亭主人など多くの号を持つ。狂歌号は竹風庵。寛政(1789~1801)後期から文化(1804~18)初め,江戸詰の折,喜多川歌麿に入門,歌政を名乗り狂歌本の挿絵や摺物を手がける。のち文化9年,名古屋を訪れた北斎の門人となった。木版画とともに,早くから銅版画も自画自刻し,細密画に長じた。代表作に医書『瘍科精選図解』(1820)の挿絵がある。同時期に肉筆画を多く残した月斎峨眉丸と同一人という説もある。

(浅野秀剛)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

牧墨僊の関連キーワード沼田月斎森高雅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android