コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧朴真 まき ぼくしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧朴真 まき-ぼくしん

1854-1934 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
嘉永(かえい)7年3月29日生まれ。明治23年衆議院議員(当選2回)。官僚としては青森県知事,愛媛県知事,農商務省水産局長,実業界では総武鉄道社長,大日本水産会副総裁などをつとめた。水産業発展のためにつくす。昭和9年4月29日死去。81歳。肥前島原(長崎県)出身。

牧朴真 まき-なおまさ

まき-ぼくしん

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧朴真の関連キーワード政治家まき嘉永

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android