牧朴真(読み)まき ぼくしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧朴真 まき-ぼくしん

1854-1934 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
嘉永(かえい)7年3月29日生まれ。明治23年衆議院議員(当選2回)。官僚としては青森県知事,愛媛県知事,農商務省水産局長,実業界では総武鉄道社長,大日本水産会副総裁などをつとめた。水産業発展のためにつくす。昭和9年4月29日死去。81歳。肥前島原(長崎県)出身。

牧朴真 まき-なおまさ

まき-ぼくしん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android