コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野文斎 まきの ぶんさい

1件 の用語解説(牧野文斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野文斎 まきの-ぶんさい

1868-1933 明治-昭和時代前期の医師。
慶応4年5月25日生まれ。代々の医業をつぎ,生地の愛知県信楽(しがらき)村(新城(しんしろ)市)で信玄病院を開設。性病の治療で評判となる。大正3年長篠(ながしの)古戦場顕彰会をおこし,4年三河地方の文献を収集した牧野図書館を創設。昭和8年6月25日死去。66歳。著作に「設楽史要」「長篠戦史考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧野文斎の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)晩年伊豆の踊子丹下左膳天野八郎鮎沢伊太夫井上石見

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone