新城(読み)シンシロ

大辞林 第三版の解説

しんしろ【新城】

愛知県南東部、豊川中流域の市。もと水陸運送の中継地、宿場町として繁栄。近年、工場が進出。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐じょう ‥ジャウ【新城】

〘名〙 新しく築いた
信長公記(1600頃か)首「熱田の並古渡と云ふ所、新城拵」

しんしろ【新城】

愛知県東南部の地名。豊川の中流域にある。江戸時代、豊川舟運の終点の河港、伊那街道の宿場町として発達。ゴム・電機工業がさかん。昭和三三年(一九五八)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新城の関連情報